ハピネス労務ニュース/最近の動き

ハピネス労務ニュース(令和4年5月16日) 

 雨の日ばかりの天気が続いています。紫陽花も、小さなつぼみを持ち始めています。梅雨入りが近いのでしょうね。私は夜と雨の日の運転が苦手です。皆様もご注意ください。


 さて、4月からの道路交通法の改正で、乗車定員11人以上の自動車1台以上または5台以上車を所有する会社は、運転手の酒気帯びのチェックとその記録が義務付けられました。マイカーを営業用としている会社も同様です。10月からはアルコール検知器を使用してのチェックすることが義務付けられます。先週、この内容についてのお問合わせが、何件かありました。既に実施されている会社様もあるようですが、改めてリーフレットを添付します。安全運転管理者の選任なども必要です。詳しくは県警のホームページなどチェックしてください。


5月末、あるいは6月初めごろ労働保険の年度更新の書類が会社に送られて来ます。緑、青の封筒です。今、皆様のところにメールやお電話などで賃金台帳を依頼しております。ご協力のほどよろしくお願い致します。1年に1度の労働保険の確定清算です。もし、新しい事業をすでに始めている、また廃止しようと思うなど、会社で変更などがありましたら、お知らせください。


 本日もお読みいただきありがとうございました。

今週もご安全に!



 久しぶりに沖縄でレンタカーを借りました。ノートの新車でした。4泊5日で22,000円うるま市までタクシーで行くと片道12,000円,中日の自由度を考えるとレンタカーがはるかにお得なことがわかりました。そしてびっくりしたことは,今はバックミラー(鏡)ではなくバックカメラなんですね。そしてバックモニターも兼ねていました。車の位置とクリアでした。クリアなのもびっくり!新車が買いたくなったしだいです。


  


最近の動き

●国民年金保険料の免除・猶予、過去最多(6/23)


 厚生労働省は23日、2021年度に国民年金保険料の納付を全額免除・猶予された人は前年度より3万人増え、612万人(加入者の4割強)で、過去最多であったと発表した。コロナ禍で大幅減収となった人の保険料の全部または一部を免除・猶予する特例措置の導入などが影響した可能性があるとの見解を示している。



●「男女の賃金格差、中小も公表を」労政審分科会が厚労省案を了承(6/17)


 労働政策審議会雇用環境・均等分科会は17日、男女の賃金格差の開示について常用労働者数301人以上の企業に対し7月にも義務化すること、また同300人以下の企業にも公表を促すことを、了承した。女性活躍推進法が企業に求める情報公開の項目に「男女の賃金の差異」を追加し、公表を促す。算出・開示方法については、男女の平均年間賃金を算出したうえで、男性の賃金平均に対する女性の賃金平均の割合を、全労働者/正規雇用労働者/非正規雇用労働者の3区分で自社のホームページ等で公表する案が示され、おおむね了承された。



●経団連がコロナ対策指針を大幅改定(6/17)


 経団連は17日、オフィスや工場を対象とする「新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を改定したと発表した。設備・物品の頻繁な消毒を求める項目を削除するなど、大幅に簡素化。テレワークや時差通勤の検討は感染拡大期に行うべきとする記述に修正し、出張については「地域の感染状況に注意する」との記述を削除した。











 
ハピネス縄谷社会保険労務士法人は中小企業の応援団です。助成金・労働保険・社会保険・年金のことならお任せください。

ハピネス縄谷社会保険労務士法人
〒299-0245 千葉県袖ケ浦市蔵波台5-2-7 電話:0438(63)4633 FAX:0438(63)4694