ハピネス労務ニュース/最近の動き

ハピネス労務ニュース(令和2年10月26日) 

 週末、土日は久しぶりに良いお天気でしたね。 特に、どこかに出かけることはしませんが、近くの公園でも、秋を感じます。

  お知らせです。

全国健康保険協会(協会けんぽ)から、「保険証の記載事項が変わります」

令和2年10月19日以降、新たに発行される保険証の記号・番号に2桁の枝番が印字されることになるということです。なお、令和2年10月18日以前に発行された保険証は従来どおり使用でき、すでに発行されている保険証の更新(差し替え)は行わないということです


 準備は進めていますか? 来年1月1日より子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得ができるようになります

◆何が変わる?

 子の看護休暇・介護休暇の取得単位は、1日単位または半日単位(1日の所定労働時間の2分の1。労使協定により異なる時間数を半日と定めた場合には、その半日)とされていますが、令和3年1月1日より、1時間単位での取得が可能となります。

◆何が必要?

 育児介護休業規程の見直しが必要となります。

 育児・介護休業の改定については、いつでもご相談ください。


本日もお読みいただきありがとうございました。

今週もご安全に!

秋の日はつるべ落とし・・・ほんとうにそうですね。



 トリミングに行ってきました。ハロウインの首飾りをつけて,可愛くなりました。




最近の動き

●感染対策における年末年始の休暇延長を企業に要請へ(10月23日)


 政府は、23日の新型コロナウイルス分科会で年末年始の感染対策に関する提言をまとめる予定。2021年は1月4日を仕事始めとする企業が多く、休暇期間が短いと人の移動が特定の日に集中しやすことから、帰省や初詣の混雑を避けるためにも、11日の祝日まで休暇延長を促す。長期の連休や分散休暇にするよう企業に働きかける。



●年金機構手続き遅れで過払金約4,000万円回収不能に(10月21日)


 会計検査院は、日本年金機構が公表した200万円以上の過払金事務処理ミス(178件)について調査した結果、そのうち68件は過払分の全部または一部が時効期限を過ぎており、請求できなくなっていたことがわかった。返納手続きの遅れが原因とされているが、機構はこうした事態を把握していなかったとし、検査院は機構に改善を求めるとともに、厚労省にも指導監督を要請した。



●内定取り消し201人(10月21日)


 厚労省の発表によると、今年3月卒業の学生で内定を取り消された人は、9月末時点で201人にのぼる。このうち、新型コロナウイルス感染拡大が主な影響とみられるのは130人。特に影響が直撃した業種を中心に採用を絞る企業が多いことを踏まえ、萩生田文部科学相は、大学生を卒業年にこだわらず長期的採用するよう経済界に求め、近く田村厚生労働相とともに経団連などと協議する方針を示した。



●コロナ倒産600件 東京商工リサーチ(10月20日)


 19日、東京商工リサーチの発表によると、新型コロナ関連の倒産が600件に達し、10月に入っても、増加のペースは、ひと月で100件を記録した9月と同様となっていることが明らかになった。飲食、アパレル、宿泊の業種で件数が多い。小規模零細企業を中心とした倒産は、今後加速する可能性もあるとしている。



●年末調整 来年から押印廃止へ(10月20日)


 政府・与党は2021年から会社員の年末調整書類の押印を不要にする。また、確定申告などの税務手続でも同様に、押印の原則廃止を検討する。政府が掲げる手続きの簡素化、デジタル化の一環であり、21年度の与党税制改正大綱に盛り込む方針。



●テレワーク制度化の助成金 2021年度方針(10月18日)


 政府は、テレワークを正式な制度として導入し労働環境の改善などの効果があった企業に最大で200万円を支給する助成金を、2021年度に実施する方針。テレワークを就業規則等に規定し、3か月間一定の頻度で実施すると最大100万円、その後1年間の導入効果を確認し、目標達成で最大100万円を助成する。


●介護業界への転職者に最大20万円の支援金(10月16日)


 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染拡大によって介護職の人材不足がさらに深刻化していることから、他業種から介護職への参入を促すため、介護業界への就職者に対し、返済免除付きの新たな貸付事業を創設する方針。介護職員になるための研修を修了した場合に、支援金として最大20万円を貸し付け(転居費や介護用具の購入を対象とする)、2年間継続して勤務すれば返済が免除されるといった仕組み。来年度からの実施を目指す。



 

 

 ハピネス縄谷社会保険労務士法人は中小企業の応援団です。助成金・労働保険・社会保険・年金のことならお任せください。

ハピネス縄谷社会保険労務士法人
〒299-0245 千葉県袖ケ浦市蔵波台5-2-7 電話:0438(63)4633 FAX:0438(63)4694