ハピネス労務ニュース/最近の動き

ハピネス労務ニュース(令和4年9月26日) 

今月の事務所だよりは300号、毎月書き続け25年ということになります。長かったようで、あっという間でもありました。事務所だよりを書くことは、お客様に新しい情報を発信していくことばかりではなく、自分自身の勉強にもなっております。

これからも、常にタイムリーな情報を発信できるよう努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

9月中に社会保険の算定の決定通知書を皆様の会社にお配りいたしました。

お渡しした保険料のお知らせに変更する期日が書いてあります。その月から保険料を変更してください。また10月から雇用保険の料率も変更になります。

算定の決定通知書と一緒に料率変更の用紙はお配りしましたが、今月の事務所だよりにも掲載しております。こちらも忘れずに変更してくださいね。

わからないことがあればいつでも事務所までご連絡ください。



 久しぶりに沖縄でレンタカーを借りました。ノートの新車でした。4泊5日で22,000円うるま市までタクシーで行くと片道12,000円,中日の自由度を考えるとレンタカーがはるかにお得なことがわかりました。そしてびっくりしたことは,今はバックミラー(鏡)ではなくバックカメラなんですね。そしてバックモニターも兼ねていました。車の位置とクリアでした。クリアなのもびっくり!新車が買いたくなったしだいです。


  


最近の動き

●介護費用が最多 11兆円超(9/22)


 厚生労働省が21日に発表した2021年度「介護給付費等実態統計」によれば、介護費用(介護給付費と自己負担)の総額が過去最高の11兆291億円に上ることがわかった。前年度より約2,508億円の増加。サービスの利用者数も前年度比16万人増の638万人で、過去最多となった。



●65~69歳の就業率 初の5割超え(9/19)


 総務省が19日の「敬老の日」に合わせて公表した推計人口によれば、2021年の65歳以上の就業者数が過去最多の909万人で18年連続の増加となった。就業者率は25.1%で、65~69歳では50.3%と初めて5割を超えた。



●「みなし保育士」の要件緩和へ(9/18)


 厚生労働省は、保育士が同室にいる場合に限り看護師や准看護師を保育士1人分としてカウントできる「みなし保育士」の要件を緩和する。従来は0歳児の在籍人数が4人以上の場合に限りみなし保育士を充てることができたが、9月にも省令を改正し、1~3人の場合でも可能にする。早ければ2023年4月から新たな制度を導入する。



















 
ハピネス縄谷社会保険労務士法人は中小企業の応援団です。助成金・労働保険・社会保険・年金のことならお任せください。

ハピネス縄谷社会保険労務士法人
〒299-0245 千葉県袖ケ浦市蔵波台5-2-7 電話:0438(63)4633 FAX:0438(63)4694